公益社団法人日本獣医師会等より以下の文書通知がありました。詳しくは事務局に連絡いただくか日本獣医師会、農林水産省、環境省及び厚生労働省の各ホームページを参照願います。

  • カプノサイトファーガ感染症に関するQ&Aについて(平成30102日付け事務連絡)山形県薬務・感染症対策室通知
  • 平成30年度における高病原性鳥インフルエンザ等の防疫対策の強化について(平成30年10月3日付け30日獣第179号)公益社団法人日本獣医師会長通知

  • 動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令の制定について(平成30年10月3日付け事務連絡)公益社団法人日本獣医師会専務理事通知

  • 野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルス保有状況調査の実施について(平成30年10月17日付け30日獣第196号)公益社団法人日本獣医師会長通知

  • 旅客の携帯品からのアフリカ豚コレラウイルス遺伝子の検出に伴う飼養衛生管理基準遵守の再徹底について(平成30年10月25日付け畜振第616号)山形県農林水産部長通知

  • 千葉県で採取された野鳥の糞便から低病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された事例に伴う防疫対策の再徹底について(平成30年10月26日付け30日獣第207号)公益社団法人日本獣医師会長通知

  • 千葉県で採取された野鳥の糞便から低病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された事例に伴う防疫対策の再徹底について(平成30年10月26日付け30日獣第207号)公益社団法人日本獣医師会長通知