ご挨拶

29年6月2日の公益社団法人山形県獣医師会平成29年度通常総会後の理事会において会長に再選されました渡邊健です。
 公益社団法人山形県獣医師会を代表し一言ご挨拶申し上げます。
 本会が公益社団法人となり早くも2年が経過いたしました。今後とも安定した会の運営をするためには無駄を省き効率的な組織にならなければなりません。そのためには、会の事業内容を吟味し、必要なもの、必要でないものを明確にし、さらに継続する事業においても公益社団法人にふさわしい事業となるよう努力していかなければなりません。
 平成27年度の事業としては、山形県動物愛護フェスティバルを検証し県獣医師会が中心となり、動物に感謝し獣医師の活動をPRできるようなイベントを計画しております。また大規模災害に備え日ごろの訓練や行政との協定を整備するとともにマイクロチップの一層の普及についても体制を整備して参りたいと考えております。
 本会は、高度専門職業人としての獣医師が組織する公益団体であります。獣医師及び獣医療に対する社会の要請はますます大きくなっており、専門職業倫理の理念のもとで、食の安全性の確保、感染症の防御、動物疾病の診断および治療、野生動物の保護管理や動物福祉の増進に寄与する責務を担っており、獣医師の職場は、公衆衛生、家畜衛生、産業動物診療、小動物診療、各種研究など多岐にわたっております。
 本会は、獣医師の社会的地位の向上に努力することも重要な使命であり、そのためにも本会は毎年、公務員獣医師の待遇改善や初任給調整手当の新設等を県へ要請してきましたが、今後とも粘り強く要請して参ります。
 以上、獣医師が社会的役割を十分発揮するためにも、会長として全力を尽くして参りますので皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

山形県獣医師会について

名    称 公益社団法人山形県獣医師会
(〒990-2451 山形市吉原2丁目8番6号 電話023-645-5223)
設    立 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団及び公益財団法人の設定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成18年法律第50号)第44条の規定に基づき認定される。(平成25年4月1日設立)
団体の変遷等 昭和24年 置賜獣医師会・村山獣医師会・最上獣医師会・庄内獣医師会の4ブロックで構成
昭和30年 山形県獣医師会
昭和48年 社団法人山形県獣医師会
平成25年 公益社団法人山形県獣医師会
設立の目的 獣医学術及び技術の振興・普及、獣医師道の高揚等を図ることにより、動物に関する保健衛生・愛護精神の向上、安心安全な畜水産食品の生産、振興、公衆衛生の向上及び社会福祉の増進に貢献することを目的とする。
役員構成 会長理事 渡邊 健
副会長理事 我孫子 透
常務理事 三浦 健司
理 事 鈴木 吉一
斉藤 才吉
片桐 弘一
川越 孝
池田 等
矢作 一枝
佐藤 利雄
三澤 隆
矢野 啓
大滝 俊彦
酒井 淳一
監 事 佐田 康文
高野 司郎
山下洋治郎
事業内容 (1)家畜衛生及び畜産振興の支援
(2)公衆衛生及び社会福祉の増進
(3)学校飼育動物の支援
(4)自然環境の保全
(5)獣医学術の普及向上
(6)動物愛護及び動物福祉の普及啓発
(7)災害時被災動物の救護
(8)会員の互助、福利厚生、表彰、慶弔等
(9)その他、本会の目的を達成するために必要な事項
活動範囲及び
下部組織との関係
(1)正会員  本会の目的に賛同して入会した個人
(2)賛助会員 本会の事業を賛助するために入会した個人又は団体
(3)功労会員 本会に功労のあった者で功労会員規程に該当し理事会で承認された者
(全国)公益社団法人日本獣医師会 55地方会(25,973名)
(県)  公益社団法人山形県獣医師会      (343名)
(支部)公益社団法人山形県獣医師会村山支部 (172名)
公益社団法人山形県獣医師会最上支部 (29名)
公益社団法人山形県獣医師会置賜支部 (64名)
公益社団法人山形県獣医師会庄内支部 (78名)